知識と知恵 AIと闘うために

こんばんは、Hideです。

 

今はいろいろな本を読んで見聞を広げたいなーという、漠然な思いでいるのですが、

そこでふと思った疑問。

 

知識と知恵、何が違うのだろうか。

 

つまり、自分が今している営みとは、知識をつけているだけであって知恵ではないのかなと。

 

本を読み勉強する内容は、世の中にすでに認識されていることであり、それを学ぶということは基礎的なことに過ぎないのかなと

 

でも、それを学ばずして新しいことに着手する知恵は、でてこないとも思うんですね。

 

要するに何がいいたいか。

 

今基礎を定着させて知識をつける、でも、知識をつけることが目的になってもいけない。知識をつけることは、AI技術を要すれば、人間でなくとも容易にできてしまう。

 

人間の感情や感性を持ったうえで最低限の知識を用いて新たな知恵を絞る、これこそが自分にとってのやりたいことなのかな、とぼんやりと気づいたのです。

 

だから、本を読んで知識をつけているときも常に想像力、創造力を働かせることを忘れずにいよう、と思う。

 

うん、すっきりした。